やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

002 持統天皇 春過ぎて

持統天皇持統天皇
じとうてんのう

春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま

意訳
春が過ぎ、夏が来たようです。夏のお祭りのための真っ白な着物が、天の香具山に干してあると、聞きました。
歌の種類
夏 『新古今和歌集 夏175』
決まり字
はるすぎて なつきにけらし しろたえの
ころもほすちょう あまのかぐやま
語呂合わせ
 春過ぎ、衣干す(はるすぎ ころもほす)

人物

持統天皇(645年-703年)第41代天皇。
夫、大海人皇子と共に戦い壬申の乱で勝利。
夫の死後、息子のライバル大津皇子を殺害し、孫即位までの間、自身が天皇として統治する。
歌番号1の天智天皇の娘。

三角関係で悩む 天の香具山の恋愛事情

天の香具山は畝傍山(うねびやま)が愛おしく、妻にしようとしていました。
ところが、耳成山(みみなしやま)も畝傍山を妻にしようとしていたので、両者(両山?)は争いました。
という神話があります。


地図のマークは畝傍山を指しています。
画面左側にきれいな二等辺三角形を描いて、天の香具山と耳成山が位置しています。
山だけに三角関係というわけですね。

この歌が藤原京時代のものであれば、持統天皇は天の香具山から1Kmほどの場所にいたことになります。

この歌は、中大兄皇子(天智天皇)御製です。
最後にこう続きます。

神代でさえそうなのだから、今の時代、妻をめぐって人々が争うのも無理がないね。

しれっとこう嘯いた中大兄皇子(天智天皇)は、大海人皇子の妻、額田王を奪い、同時に、自分の娘二人を大海人皇子に嫁がせます。
そのうちの一人が、鵜野讃良皇女(後の持統天皇)です。

原歌アレンジ

『万葉集』にある原歌では、次のようになっています。

春すぎて 夏来るらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具山

万葉集のものが、目の前の実景をを表しているのに対し、伝承の意味合いが深まって共感を呼ぶものとなった感じがします。

白い衣とは何でしょう

諸説あります。

  • 夏の神事にかかわる乙女たちの斎衣または小忌衣
  • 天の香具山の甘檮明神は人の嘘を見抜くのに、白い衣を水に浸していたという。その伝説の衣
  • 初夏、咲き乱れる卯の花
  • 初夏にたなびく霞

関連記事

読み上げ

スポンサーリンク

001 天智天皇 秋の田の 003 柿本人麿 あしびきの
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.