やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

009 小野小町 花の色は

小野小町小野小町
おののこまち

花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に
はなのいろは うつりにけりな いたずらに わがみよにふる ながめせしまに

意訳
長雨を眺めている間に、花は散りました。そして、わたしの容姿も長い年月、恋や人生に思いふけっている間に、老け衰えてしまいました。
歌の種類
春 『古今和歌集 春歌下113』
決まり字
はなのいろは うつりにけりな いたずらに
わかみよ にふる ながめせしまに
語呂合わせ
 花の我が身よ(はなの わがみよ)

人物

小野小町(生没年不詳)
平安時代前期の女流歌人。
六歌仙の一人。三十六歌仙の一人。女房三十六歌仙の一人。
絶世の美女といわれている。

読み上げ

スポンサーリンク

008 喜撰法師 我が庵は 010 蝉丸 これやこの
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.