やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

020 元良親王 わびぬれば

元良親王元良親王
もとよししんのう

わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ
わびぬれば いまはたおなじ なにわなる みをつくしても あわんとぞおもう

意訳
あなたとのうわさで思い悩む日々。こうなったら同じこと。この身が滅ぶともあなたに会いに行こうと思うのだ。
歌の種類
恋 『後撰集 恋五960』
決まり字
わびぬれば いまはたおなじ なにわなる
みをつくしても あわんとぞおもう
語呂合わせ
 詫びる、身を尽くしても(わびる みをつくしても)

人物

元良親王(890年-943年) 陽成天皇の第一皇子。

いみじき色好み

『後撰集』詞書に
事出で来てのちに京極御息所につかはしける
(二人の関係が世間に知られてから後に、京極御息所に贈った歌。)
と、あります。
京極御息所とは、宇多天皇の寵愛され三人の皇子を儲けた妃、藤原褒子。
密通が露見したことも含めて、この歌を発表してお咎めなしでいるあたり、周囲に恵まれていたと言おうか、愛されキャラだったのでしょう。
「いみじき色好み」や「一夜めぐりの君」と評され、源融と共に源氏物語のモデルの一人と言われています。

読み上げ

スポンサーリンク

019 伊勢 難波潟 021 素性法師 今来むと
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.