やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

023 大江千里 月見れば

大江千里大江千里
おおえのちさと

月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ 我が身一つの 秋にはあらねど
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど

意訳
秋の月を見ると、色々とものを思い悲しい気持ちになります。わたし一人にだけ、秋が来るわけではないのに。
歌の種類
秋 『古今和歌集 秋歌上193』
決まり字
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ
わかみひとつの あきにはあらねど
語呂合わせ
 月、わが身一つ(つき わがみひとつ)

人物

大江千里(生没年未詳)
中古三十六歌仙の一人。
儒者。
大江氏は菅原氏と共に漢学の家。

漢詩を和歌に翻案する

大江千里は『白氏文集』の翻案が得意でした。
契沖がこの歌も白楽天の漢詩を翻案したものと指摘しています。

「燕子樓中霜月夜 秋來只爲一人長」
(燕子楼の中で、霜が降りる寒い月の夜。秋は訪れました、ただ私一人のために。とても長く感じられる秋ね。)

夫に先立たれた女性の気持ちを表現した詩です。

また元稹の詩
「秋非我独秋」
(秋は我一人の秋に非ず)

菅原道真の詩
「此秋独作我身秋」
(この秋は独りわが身の秋となる)

など、漢詩の基本の型沿っているとも言えます。

読み上げ

スポンサーリンク

022 文屋康秀 吹くからに 024 管家 このたびは
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.