やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

024 管家 このたびは

管家管家
かんけ

このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに
このたびは ぬさもとりあえず たむけやま もみじのにしき かみのまにまに

意訳
この度の旅は、急ぎで、お供えの幣も用意できませんでした。手向山の神よ、どうぞこの見事な紅葉の錦を、み心のままにお受け取りください。
歌の種類
羇旅 [きりょ] 『古今和歌集 羇旅歌420』
決まり字
このたびは ぬさもとりあえず たむけやま
もみじのにしき かみのまにまに
語呂合わせ
 この紅葉(この もみじ)

人物

管家=菅原道真(845年8月1日-903年3月26日)
漢詩人。政治家。
宇多天皇(897年以降は宇多院)に重用される。
この歌は、898年、宇多院の宮滝御幸のもの。道真53歳。
899年2月に右大臣になる。
901年、藤原時平に讒訴され、大宰府に左遷。
現地で没する。

まにまにって何?

ままに、という意味です。
神のまにまに → 神の御心のままに

関連記事

読み上げ

スポンサーリンク

023 大江千里 月見れば 025 三条右大臣 名にし負はば
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.