やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

028 源宗于朝臣 山里は

源宗于朝臣源宗于朝臣
みなもとのむねゆきあそん

山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば
やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもえば

意訳
山里は冬になるといっそう寂しく感じます。人の姿もなくなり、草も枯れてしまうと思うと。
歌の種類
冬 『古今和歌集 冬歌315』
決まり字
やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける
ひとめもくさも かれぬとおもえば
語呂合わせ
 山里、ひと目(やまざと ひとめ)

人物

源宗于朝臣(?-939年)
光孝天皇の孫。
三十六歌仙の一人。

読み上げ

スポンサーリンク

027 中納言兼輔 みかの原 029 凡河内躬恒 心あてに
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.