やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

032 春道列樹 山川に

春道列樹春道列樹
はるみちのつらき

山川に 風のかけたる 柵は 流れもあへぬ 紅葉なりけり
やまがわに かぜのかけたる しがらみは ながれもあえぬ もみじなりけり

意訳
山あいの川に、風がかけたしがらみは、川をせき止めるほどたくさんの紅葉の葉でできているよ。
歌の種類
秋 『古今和歌集 秋歌下303』
決まり字
やまがわに かぜのかけたる しがらみは
ながれもあえぬ もみじなりけり
語呂合わせ
 山が流れる(やまが ながれる)

人物

春道列樹(?-920年)
主税頭。
新名宿禰の子。
文章生、壱岐守。

読み上げ

スポンサーリンク

031 坂上是則 朝ぼらけ 033 紀友則 久方の
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.