やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

037 文屋朝康 白露に

文屋朝康文屋朝康
ふんやのあさやす

白露に 風の吹きしく 秋の野は 貫き止めぬ 玉ぞ散りける
しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける

意訳
秋の野原で風に吹かれて飛ぶ白露は、糸で貫き留めていない念珠の水晶玉が、散りゆくかのよう。
歌の種類
秋 『後撰集 秋中308』
決まり字
しらつゆに かぜのふきしく あきののは
らぬきとめぬ たまぞちりける
語呂合わせ
 しらつら(しら つら)

人物

文屋朝康(生没年未詳) 文屋康秀の子。
詳細は不明だが、階級の低い官職に終わる。

九十九人一首+一人2首

歌番号22の

吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ

は、この朝康の作品だということが定説になっています。

つまり、朝康はこの小倉百人一首の中でただ一人、2首採用された歌人となるのです。

読み上げ

スポンサーリンク

036 清原深養父 夏の夜は 038 右近 忘らるる
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.