やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

041 壬生忠見 恋すてふ

壬生忠見壬生忠見
みぶのただみ

恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひ初めしか
こいすちょう わがなはまだき たちにけり ひとしれずこそ おもいそめしか

意訳
恋に落ちているという、わたしのうわさが広がっている。まだ誰にも打ち明けずに、ひっそりと思い始めたばかりだというのに。
歌の種類
恋 『拾遺集 恋一621』
決まり字
こいすちょう わがなはまだき たちにけり
ひとしれずこそ おもいそめしか
語呂合わせ
 来い、人知れず(こい ひとしれず)

人物

壬生忠見(生没年未詳)
父は壬生忠岑
三十六歌仙の一人。
家は貧しく、父忠岑と同様に下級官吏に終わった。

歌合せに敗れ、悶死

天徳内裏歌合せ平兼盛に敗れ、悶死したという話が『沙石集』にあります。

あはと思ひて、あさましくおぼえしより、胸ふさがりて、かく重り侍りぬ。
平兼盛の歌に)あぁ、と思って、驚いたときから、胸が塞がり、こんなに重い病になってしまいました。

貧しい下級官吏の忠見が内裏の歌合せで負けて出世のきっかけを失い、さぞや悔しかろうと作られた逸話だと思います。
忠見の晩年の歌が残っていることから、960年に死んだのではないと思います。

この天徳内裏歌合せでの忠見の成績は
卯花・・・負け
郭公(2)・・・引き分け
夏草・・・勝ち
恋・・・負け

1勝2敗1引き分けでした。
そのうち、兼盛とは3戦して、1勝2敗でした。

読み上げ

スポンサーリンク

040 平兼盛 忍れど 042 清原元輔 契りきな
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.