やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

052 藤原道信朝臣 明けぬれば

藤原道信朝臣藤原道信朝臣
ふじわらのみちのぶあそん

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな
あけぬれば くるるものとは しりながら なおうらめしき あさぼらけかな

意訳
夜が明けても、また次の夜が来るとわかっていても、あなたと別れなくちゃいけない夜明けが、うらめしいよ。
歌の種類
恋 『後拾遺集 恋二672』
決まり字
あけぬれば くるるものとは しりながら
なおうらめしき あさぼらけかな
語呂合わせ
 開けな、ほぉら(あけな ほぉら)

人物

藤原道信朝臣(972年-994年7月11日)
祖父に謙徳公
14歳の時、父を亡くし、伯父兼家の養子となる。
流行の疱瘡で23歳で死亡。
中古三十六歌仙の一人。

彼女とのデートの後で

『後拾遺集』の詞書にこうあります。

女のもとより雪降り侍ける日、帰りてつかはし

雪の日。愛しい女性の家から帰って、女性に贈った歌です。

もう、1首贈っています。

帰るさの 道やはかるか からねどと 来るにまどふ けさの淡雪
 (帰り道がいつもと変わったわけではないのですが、行き迷うのですよ。今朝の淡雪のように、あなたが打ち解けてくれたものだから。)

読み上げ

スポンサーリンク

051 藤原実方朝臣 かくとだに 053 右大将道綱母 嘆きつつ 
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.