やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

057 紫式部 めぐり逢ひて

紫式部紫式部
むらさきしきぶ

めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな
めぐりあいて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よわのつきかな

意訳
久しぶりにあなたに会えたと思ったら、もういない。まるで、雲に隠れた月のようね。
歌の種類
雑 『新古今和歌集 雑歌上1499』
決まり字
ぐりあいて みしやそれとも わかぬまに
くもがくれにし よわのつきかな
語呂合わせ
 メグ、雲隠れ(メグ くもがくれ)

人物

紫式部(970年?-1014年?)
曽祖父は三条右大臣中納言兼輔
娘は大弐三位
一条天皇の中宮・藤原彰子に仕える。
『源氏物語』の作者。
中古三十六歌仙の一人。
女房三十六歌仙の一人。

恋の歌ではありません。

つかの間の逢瀬、別れの予感から、この歌を恋の歌だと思う人も多いと思います。

早くよりわらは友だちに侍りける人の、年ごろ経てゆきあひたる、ほのかにて、七月十日のころ、月にきおいて帰り侍りければ

『古今和歌集』詞書より

(ずっと以前から、幼友達だった人が、久しぶりに行き合いました。
  7月10日の半月と競うかのように帰ってしまい、つかの間の出会いでした。)

詞書にあるように、紫式部の女性の幼友達が相手です。

その人遠き所にいくなりけり。秋の果つる日来たるあかつき、虫の声あはれなり。
鳴き弱るまがきの虫もとめがたき 秋の別れや悲しかるらむ

『紫式部集』より

(その人は遠い所に行くのでした。
 秋の終わり9月最後の日に来たその明け方、虫の声が哀しく聞こえました。
  冬が近づき、鳴く声も弱ってきた籠の虫も、引き止めることはできません。
  秋の別れはとても悲しい。)

”童友達”という言葉をこの歌を通じて知りました。
幼馴染や幼友達の”幼い”は、出会い始めの時期を表す言葉で、その関係が今も続いている相手のことです。
しかし、”童友達”の”童”は、幼い子、という意味です。
子供の時だけ友達でいて、この歌の通り、その後別れて会えなくなってしまった、意味合いに取れて、切なく感じました。

読み上げ

スポンサーリンク

056 和泉式部 あらざらむ 058 大弐三位 有馬山
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.