やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

071 大納言経信 夕されば

大納言経信大納言経信
だいなごんつねのぶ

夕されば 門田の稲葉 おとづれて 芦のまろやに 秋風ぞ吹く
ゆうされば かどたのいなば おとずれて あしのまろやに あきかぜぞふく

意訳
夕方になると、家の門の前の田んぼの稲穂に、秋風が訪れ、また芦葺きの小屋にも、風が吹いています。
歌の種類
秋『金葉集 秋173』
決まり字
ゆうされば かどたのいなば おとずれて
あしのまろやに あきかぜぞふく
語呂合わせ
 言う足(いう あし)

人物

大納言経信(1016年-1097年2月20日)
源俊頼朝臣の父。
公家・歌人・漢詩文に長じ・音楽家
和歌六人党の一人

二人目の三船の才(さんせんのさい)

田家秋風

師賢朝臣の梅津に人々まかりて、田家の秋風といへることをよめる
  『金葉集 詞書』

  源師賢の梅津(現在の京都市右京区梅津)の山荘を人々が訪ねて、田や家、秋風といったことを詠んだ。
 と、あります。
 田や家などを美しく絵画的に描き、臨場感のある歌となっています。

 経信は人物の項にも書きましたが、非常な才能の持ち主でした。

 1076年、白河天皇が覆井川に行幸されたとき、詩、歌、管弦の3つの船を浮かべて、それぞれの道の名人と言われる人を乗せて楽しまれました。
経信も招かれていましたが、遅刻して参上しました。
船は岸をすでに離れていました。
経信は、汀にひざまずいて、「どの船でもよろしいので、お寄せください」と言いました。
『詩』『歌』『管弦』。どの船にでも乗るに値する才能を持っている自信がないと、言えないセリフです。
・・・『古今著聞集』は、このセリフが言いたいがためにわざと遅参したと、酷評していますが。
経信、御年61歳。
 もしも故意の遅参とだとすれば、なかなかしたたかなご老人と言えます。

 藤原公任に次ぐ二人目の三船の才です。

読み上げ

スポンサーリンク

070 良暹法師 さびしさに 072 祐子内親王家紀伊 音に聞く
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.