やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

084 藤原清輔朝臣 ながらへば

藤原清輔朝臣藤原清輔朝臣
ふじわらのきよすけのあそん

ながらへば またこの頃や 忍ばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき
ながらえば またこのごろや しのばれん うしとみしよぞ いまはこいしき

意訳
生きながらえば、つらいばかりのこの頃が懐かしくなるのだろうか?わずらわしかった昔の日々が、今ともなれば恋しいのだから。
歌の種類
雑 『新古今集 雑歌下1843』
決まり字
ながら えば またこのごろや しのばれん
うしとみしよぞ いまはこいしき
語呂合わせ
 ながら牛(ながら うし)

人物

藤原清輔朝臣(1104年-1177年7月17日) 父は藤原顕輔。 公家・歌人。 六条藤家歌学を確立。 御子左家の藤原俊成に対抗した。

読み上げ

スポンサーリンク

083 皇太后宮大夫俊成 世の中よ 085 俊恵法師 夜もすがら
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.