やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

百人一首一覧 決まり字、語呂合わせ

アプリ「百人一首 初めてかるた」で猫と対戦!
iOS   Android   KindleFire

歌番号順 むすめふさほせ 種類順 決まり字、語呂合わせ

百人一首の歌番号順に並べた、決まり字と、その語呂合わせの一覧です。決まり字は赤字で表示してます。
各歌の歌番号から、詳細ページにリンクしています。詳細ページでは、意訳などのほか、歌の読み上げも聞けます。
印刷用のPDFファイルも用意しましたので、合わせてご利用下さい。

PDFファイルのある、「初めてかるた ふろく」へ

ほかに、むすめふさほせ(暗記グループ)と、歌番号順、種類順の一覧もあります。(上記の水色部分)

番号
歌と決まり字 語呂合わせ
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露にぬれつつ
あきのたの かりおのいおの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ
秋のわが衣では
あきの わがころもでは
春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま
春過ぎ、衣干す
はるすぎ ころもほす
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を 独りかも寝む
あしびきの やまどりのおの しだりおの なかなかしよを ひとりかもねん
足ながなが
あし ながなが
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ
たごのうらに うちいでてみれば しろたえの ふしのたかねに ゆきはふりつつ
田子の富士
たごの ふじ
奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき
おくやまに もみじふみわけ なくしかの こゑきくときぞ あきはかなしき
置く声
おく こえ
かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける
かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける
傘は白
かさは しろ
天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも
あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも
天の実か?
あまの みか?
我が庵は 都の辰巳 しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり
わがいおは みやこのたつみ しかぞすむ よをうじやまと ひとはゆうなり
わが意、世を憂し
わがい よをうし
花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に
はなのいろは うつりにけりな いたずらに わかみよ にふる ながめせしまに
花の我が身よ
はなの わがみよ
これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関
これやこの ゆくもかえるも わかれては しるもしらぬも おうさかのせき
これ知る
これ しる
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣り舟
わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね
わたの原や、人には告げよ
わたのはらや ひとにはつげよ
天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ
あまつかぜ くものかよいじ ふきとじよ とめのすがた しばしとどめん
天津乙女
あまつ おとめ
筑波嶺の 峰より落つる 男女川 恋ぞつもりて 淵となりぬる
つくばねの みねよりおつる みなのがわ こいそつもりて ふちとなりぬる
突く鯉ぞ
つく こいぞ
陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし 我ならなくに
みちのくの しのぶもじずり たれゆえに みたれそめにし われならなくに
道、乱れそう
みち みだれそう
君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に 雪は降りつつ
きみがため はるののにいでて わかなつむ わかころもてにゆきはふりつつ
君がためは、我が衣手に
きみがためは わがころもでに
立ちわかれ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む
たちわかれ いなばのやまの みねにおうる まつとしきかば いまかえりこん
立ち待つと
たち まつと
ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 唐紅に 水くくるとは
ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ からくれないに みずくくるとは
千早から
ちはや から
住の江の 岸に寄る波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ
みのえの きしによるなみ よるさえや ゆめゆめのかよいじ ひとめよくらん
炭の夢
すみの ゆめ
難波潟 短き芦の 節の間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや
なにはがた みじかきあしの ふしのまも あはてこのよを すぐしてよとや
難波が泡で
なにわが あわで
わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ
わびぬれば いまはたおなじ なにわなる みをつくしても あわんとぞおもう
詫びる、身を尽くしても
わびる みをつくしても
今来むと いひしばかりに 長月の 有り明けの月を 待ち出でつるかな
いまこんと いいしばかりに ながつきの ありあけのつきを まちいでつるかな
今子蟻
いまこ あり
吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ
くからに あきのくさきの しおるれば むべやまかぜを あらしというらん
踏むべ
ふ むべ
月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ 我が身一つの 秋にはあらねど
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わかみひとつの あきにはあらねど
月、わが身一つ
つき わがみひとつ
このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに
このたびは ぬさもとりあえず たむけやま もみじのにしき かみのまにまに
この紅葉
この もみじ
名にし負はば 逢坂山の さねかづら 人に知られで くるよしもがな
なにしおわば おうさかやまの さねかずら ひとにしられで くるよしもがな
何し、人にし
なにし ひとにし
小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今一度の 行幸待たなむ
をぐらやま みねのもみじば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなん
小倉山今一度の深雪
おぐらやま いまひとたびのみゆき
みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ
みかのはら わきてながるる いづみがわ いつみきとてか こいしかるらん
みかの原いつ見聞き?
みかのはら いつみきき
山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば
やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもえば
山里、ひと目
やまざと ひとめ
心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花
こころあてに おらばやおらん はつしもの きまどわせる しらぎくのはな
こころ青
こころ あお
有り明けの つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし
ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし
ありゃ、赤
ありゃ あか
朝ぼらけ 有り明けの月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪
あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき
朝ぼらけ有明の吉野
あさぼらけありあけの よしの
山川に 風のかけたる 柵は 流れもあへぬ 紅葉なりけり
やまがわに かぜのかけたる しがらみは ながれもあえぬ もみじなりけり
山が流れる
やまが ながれる
久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しずごころなく はなのちるらん
久方の静
ひさかたの しづ
誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
たれをかも しるひとにせん たかさごの まつもむかしの ともならなくに
誰待つも昔
たれまつも むかし
人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににおいける
人は花ぞ
ひとは はなぞ
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ
なつのよは まだよいながら あけぬるを くものいづこに つきやどるらん
懐くもの
なつ くもの
白露に 風の吹きしく 秋の野は 貫き止めぬ 玉ぞ散りける
しらつゆに かぜのふきしく あきののは らぬきとめぬ たまぞちりける
しらつら
しら つら
忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな
わすらるる みをばおもわず ちかいてし ひとのいのちの おしくもあるかな
忘らるる人の命
わすらるる ひとのいのち
浅茅生の 小野の篠原 忍れど あまりてなどか 人の恋しき
あさじうの おののしのはら しのぶれど あまりてなどか ひとのこいしき
朝、十あまり
あさ じゅうあまり
忍れど 色に出でにけり 我が恋は 物や思ふと 人の問ふまで
しのぶれど いろにいでにけり わがこいは ものやおもうと ひとのとうまで
しのもの
しの もの
恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひ初めしか
こいすちょう わがなはまだき たちにけり ひとしれずこそ おもいそめしか
来い、人知れず
こい ひとしれず
契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは
ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ えのまつやま なみこさじとは
ちぎりきな末の松山
ちぎりきな すえのまつやま
逢ひ見ての 後の心に 比ぶれば 昔は物を 思はざりけり
あいみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもわざりけり
愛、昔
あい むかし
逢ふことの 絶えてしなくは なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし
あうこ(おうこ)との たえてしなくば なかなかに ひとをもみをも うらみざらまし
会うこと、人を
あうこと ひとを
あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに なりぬべきかな
あわれとも いうべきひとは おもおえで みのいたずらに なりぬべきかな
哀れみの
あわれ みの
由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな
ゆらのとを わたるふなびと かじをたえ ゆくえもしらぬ こいのみちかな
ゆらゆく
ゆら ゆく
八重葎 茂れる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり
やえむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそみえね あきはきにけり
八重で人こそ見えねぇ
やえで ひとこそみえねぇ
風をいたみ 岩打つ波の おのれのみ くだけて物を 思ふ頃かな
かぜをいたみ いわうつなみの おのれのみ くたけてものを おもうころかな
風をくだけ
かぜを くだけ
みかき守 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ
みかきもり えじのたくひの よるはもえ ひるはきえつつ ものをこそおもえ
磨きも昼
みがきも ひる
君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな
きみがため おしからざりし いのちさえ ながくもがなと おもいけるかな
君がため、尾長く
きみがため、お ながく
かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな 燃ゆる思ひを
かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ しもしらじな もゆるおもいを
書くさ
かく さ
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな
あけぬれば くるるものとは しりながら なおうらめしき あさぼらけかな
開けな、ほぉら
あけな ほぉら
嘆きつつ 独り寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る
なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは いかにひさしき ものとかはしる
嘆きイカ
なげき イカ
忘れじの 行く末までは 難ければ 今日を限りの 命ともがな
わすれじの ゆくすえまでは かたければ きょうをかぎりの いのちともがな
忘れじ今日を
わすれじ きょうを
滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ
たきのおとは たえてひさしく なりぬれど なこそながれて なおきこえけれ
滝の名こそ
たきの なこそ
あらざらむ この世の外の 思ひ出に 今一度の 逢ふこともがな
あらざらん このよのほかの おもいでに いまひとたびの あ(いまひとたびの お)うこともがな
あらざらん今一度の会う
あらざらん いまひとたびのあう
めぐり逢ひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲隠れにし 夜半の月かな
ぐりあいて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よわのつきかな
メグ、雲隠れ
メグ くもがくれ
有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする
ありまやま いなのささはら かぜふけば いでそよひとを わすれやはする
有馬、いーで
ありま いーで
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて 傾くまでの 月を見しかな
やすらわで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな
安かった
やす かった
大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
おおえやま いくののみちの とおければ まだふみもみず あまのはしだて
大江、まだ?
おおえ まだ?
いにしえの ならのみやこの やえざくら きょうここのえに においぬるかな 古の京子
いにしえの きょうこ
夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関は許さじ
よをこめて とりのそらねは はかるとも よにおうさかの せきはゆるさじ
よをよに
よを よに
いまはただ おもいたえなん とばかりを ひとづてならで いうよしもがな 今は一つ
いまは ひとつ
朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれ渡る 瀬々の網代木
あさぼらけ うじのかわぎり たえだえに あらわれわたる せぜのあじろぎ
朝ぼらけ宇治、現れる
あさぼらけうじ あらわれる
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ
うらみわび ほさぬそでだに あるものを こいにくちなん なこそおしけれ
裏の鯉に
うらの こいに
もろともに あはれと思へ 山桜 花より外に 知る人もなし
もろともに あわれとおもえ やまざくら はなよりほかに しるひともなし
もろともに花よ
もろともに はなよ
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ
はるのよの ゆめばかりなる たまくらに かいなくたたん なこそおしけれ
春の貝
はるの かい
心にも あらで憂き世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな
こころにも あらでうきよに ながらえば こいしかるべき よわのつきかな
心に小石
こころに こいし
嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり
あらしふく みむろのやまの もみじばは たつたのかわの にしきなりけり
嵐たつ
あらし たつ
さびしさに 宿を立ち出でて 眺むれば いづこも同じ 秋の夕暮れ
びしさに やどをたちいでて ながむれば いづこもおなじ あきのゆうぐれ
さぁ、いづこ?
さぁ いづこ?
夕されば 門田の稲葉 おとづれて 芦のまろやに 秋風ぞ吹く
ゆうされば かどたのいなば おとずれて あしのまろやに あきかぜぞふく
言う足
いう あし
音に聞く 高師の浜の あだ波は かけじや袖の 濡れもこそすれ
おとにきく たかしのはまの あだなみは かけじやそでの ぬれもこそすれ
音をかける
おとを かける
高砂の 尾の上の桜 咲きにけり 外山の霞 たたずもあらなむ
たかさごの おのえのさくら さきにけり やまのかすみ たたずもあらなん
鷹と山
たか とやま
うかりける 人を初瀬の 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを
うかりける ひとをはつせの やまおろし(よ) はげしかれとは いのらぬものを
うっかりハゲ
うっかり ハゲ
契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり
ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて あわれことしの あきもいぬめり
千切り尾、哀れ
ちぎりお あわれ
わたの原 漕ぎ出でて見れば 久方の 雲居にまがふ 沖つ白波
わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもいにまごう おきつしらなみ
わたの原 子蜘蛛いる
わたのはら こぐもいる
瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
をはやみ いわにせかるる たきがわの われてもすえに あわんとぞおもう
背割れ
せ われ
淡路島 通ふ千鳥の 鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守
あわぢしま かようちどりの なくこえに いくよねざめぬ すまのせきもり
淡路島行くよ
あわじしま いくよ
秋風に たなびく雲の 絶え間より もれ出づる月の 影のさやけさ
あきかぜに たなびくくもの たえまより もれいづるつきの かげのさやけさ
秋風、もれ出づる
あきかぜ もれいづる
長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れてけさは 物をこそ思へ
ながからん こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもえ
長から、乱れて
ながから みだれて
ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有り明けの 月ぞ残れる
ととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる
ほととぎすはタダ
ほととぎすは ただ
思ひわび さても命は あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり
おもいわび さてもいのちは あるものを うきにたえぬは なみだなりけり
重い浮き輪
おもい うきわ
世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
よのなかよ みちこそなけれ おもいいる やまのおくにも しかぞなくなる
世の中よ、山の奥
よのなかよ やまのおく
ながらへば またこの頃や 忍ばれむ 憂しと見し世ぞ 今は恋しき
ながら えば またこのごろや しのばれん うしとみしよぞ いまはこいしき
ながら牛
ながら うし
夜もすがら 物思ふ頃は 明けやらで 閏のひまさへ つれなかりけり
よもすがら ものおもうころは あけやらで やのひまさえ つれなかりけり
用もねぇや
ようも ねぇや
嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
なげけとて つきやはものを おもわする かこちがおなる わがなみだかな
嘆け過去
なげけ かこ
村雨の 露もまだ干ぬ 槇の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ
らさめの つゆもまだひぬ まきのはに りたちのぼる あきのゆうぐれ
ムキ~
む き~
難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき
なにわえの あしのかりねの ひとよゆえ みをつくしてや こいわたるべき
難波江の澪標やぁ
なにわえの みおつくしやぁ
玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする
たまのおよ たえなばたえね ながらえば しのぶることの よわりもぞする
玉忍ぶ
たま しのぶ
見せばやな 雄島の海人の 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色は変はらず
みせばやな おじまのあまの そでだにも れにぞぬれし いろはかわらず
見せぬ
みせ ぬ
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む
ぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねん
きりぎりすの衣は固い
きりぎりすの ころもはかたい
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし
わがそでは しおひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし
我が袖は人こそ知らね
わがそでは ひとこそしらね
世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ 海人の小舟の 綱手かなしも
よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのおぶねの つなでかなしも
世の中は海女の尾
よのなかは あまのお
み吉野の 山の秋風 さ夜更けて ふるさと寒く 衣打つなり
みよしのの やまのあきかぜ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり
見よ、ふるさと
みよ ふるさと
おほけなく うき世の民に 覆ふかな 我が立つ杣に 墨染の袖
おおけなく うきよのたみに おおうかな わがたつそまに すみぞめのそで
OKわかった
オーケー わかった
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは 我が身なりけり
はなさそう あらしのにわの ゆきならで ふりゆくものは わがみなりけり
花誘うふり
はな さそうふり
来ぬ人を 松帆の浦の 夕凪に 焼くや藻塩の 身もこがれつつ
こぬひとを まつほのうらの ゆうなぎに やくやもしおの みもこがれつつ
来ぬ人を焼く
こぬひとを やく
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける
かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは みそぎぞなつの しるしなりける
風そよぐ味噌
かぜそよぐ みそ
人も惜し 人も恨めし あぢきなく 世を思ふ故に もの思ふ身は
ひともおし ひともうらめし あじきなく よをおもうゆえに ものおもうみは
人もよおぉ~
ひとも よおぉ~
ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり
ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なおあまりある むかしなりけり
桃、なお余り
もも なおあまり
坊主めくりの遊び方 初めてかるた
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.