やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

百人一首かるた 競技かるたの遊び方

1対1で戦います。名人・クイーン戦で有名ですね。
25枚ずつ持ち、先になくなった方が勝ちです。決まり字を覚え、すばやく読み手の歌に反応する畳の上の格闘技です。

読み手

必要です。

アプリを読み手にする
YouTubeの動画を利用する

取り手

1対1で戦うゲームです。

遊びかた

  • 取札は、100枚の内の50枚を使い、各々25枚ずつを自分の陣地に3段に分けて並べます。
  • 読み手の読み札は100首すべてを使います。
    つまり、50枚は読まれても、場にはない札となります(空札)。
  • 読み手は最初に序歌(一般的には王仁博士の「難波津の歌」)を読みます。
    上の句1度、下の句を2度、読んだ後、1首目の上の句を読みます。
    2首目以降は、前の歌の下の句を読んだ後、該当の歌の上の句を読むことを繰り返します。
  • 自陣にある札を取った場合には、そのまま自分の札とします。
    敵陣の札を取った場合には、自陣を札を1枚選んで、相手に渡します(送り札)。
    相手は送られた札を自分の陣に加えます。
  • 間違った札に触れた場合、お手つきになり、相手から1枚札を送られます。
  • 自陣の札がすべてなくなった方が勝ちとなります。

ポイント

お手つきした時の状況によって、送られる札の数が変わってきます。

1.空札なのに札に触れた場合

  • 自陣、敵陣のどちらかの札に触れた場合、1枚、札を送られます。
  • 自陣と敵陣両方に触れた場合は、2枚、札を送られます。

2.自陣の札が読まれ、敵陣の違う札に触れた場合

  • 正解の札を自分が取った場合は、1枚相手から札を送られます。
  • 正解の札を相手に取られた場合には、お手つき分1枚と自陣の札を取られた分の1枚、合計2枚を相手から送られます。

3.敵陣の札が読まれ、自陣の違う札に触れた場合

  • 正解の札を取った場合には、お手つき分の相手から送られる1枚と、敵陣の札を取って相手に送る1枚を相殺して札の動きはありません。
  • 正解の札を相手に取られた場合には、お手つき分の1枚が相手から送られます。

お手つきの他に、公式戦でのルールがあります。
詳しくは、全日本かるた協会さんのホームページをご覧ください。

全日本かるた協会

猫と百人一首

アプリ「百人一首 初めてかるた」で、猫のチャマメとかるた遊びができます。

iOS:AppStore

Android:Google Play

Amazon KindleFire:Amazonアプリストア

初めてかるた チャマメと対戦

源平合戦の遊び方 坊主めくりの遊び方
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.