かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける

 季節  冬
 出典  新古今和歌集
 作者  大伴家持。718(?)年-785年8月28日没。
 意訳  七夕の夜、天の川にカササギがかける白い橋。宮中の建物をつなぐ渡り廊下に降りた霜の白さを見ると、夜も更けたと思われるよ。

この意訳を見て、ものすごい違和感を覚えませんか?
わたしには、「霜」と「七夕」は、絶対連想できません。

どうして、霜の降りる冬の季節の歌で、七夕?

a1700_000007 a0002_000313

例えば、焚き火を目の前に見て、「焚き火の赤い炎」から「赤」。
「赤」だから、「スイカ」だよ。

fire suika

・・・と、思う人は いない と思うのです。
「焚き火」は秋か冬のもので、「スイカ」は夏のものです。
そして、スイカは冷たくして食べるもので、焚き火の熱とは無縁です。

そのくらい、霜と七夕の関係は、不自然なものに感じました。

みなさんの七夕に、カササギは出てきますか?
織女さまが天の川を渡り牽牛に会いにいくために、翼を広げて橋を作ってくれますか?

私が知っている七夕のお話は、七月七日の夜、彦星さんが船に乗って天の川を渡り、織女さんを迎えに行きます。
カササギは登場しません。
そして、会いに行くのは、彦星さんで、織女ではありません。

調べていくにつれ、いろいろな七夕があることを知りました。

スポンサーリンク

カササギの(まとめ)七夕とタナバタと棚機の伝来 カササギの(02)カササギは、中国の七夕伝説からきました

関連記事

関連動画