やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

暗記グループの分け方

アプリ「百人一首初めてかるた」では、効率的に覚えるため、百首をグループに分けました。
分ける方法は、同じ文字で始まる歌の数が、少ない順です。

歌の出だしの文字は、全部あわせても、たった二十七文字しかないのです。

  • むすめふさほせ(同じ文字で始まる歌が一首だけものもの=一枚札)
  • うつしもゆ(二枚札)
  • いちひき(三枚札)
  • はやよか(四枚札)
  • み(五枚札)
  • たこ(六枚札)
  • おわ(七枚札)
  • な(八枚札)
  • あ(十六枚札)

少し、気が楽になりましたか?

それでも、  三十一文字×百首=三千百文字!  というと、覚える文字は一字でも少なくしたいというのが、正直なところです。

一字、覚えずに済む方法があります。
例えば、「し」から始まる歌を覚えましょう。
すると、少なくとも、最初の「し」の文字は、すでに分かっているので、覚える必要がなくなりました。

  • 「しのぶれど いろにでにけり わがこひは」
  • 「しらつゆに かぜのふきしく あきののは」

「し」から始まる二首覚えると、二首分の「し」=二字を稼いだことになります。
その上、最初の文字27文字のうちの一つをマスターした達成感も味わえます。

当てもなく百首を一つずつ覚えるなどということはやめて、小さなグループで効率よく覚えていきましょう。
27文字のうち、同じ文字で始まる歌が少ないものはまとめて、13のグループに分けてあります。
二週間足らずで、全首みごとに覚え切ることが、できる筈です。

決まり字 百人一首かるたを使った遊び方
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.