やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

序歌 王仁博士 難波津に

王仁博士王仁博士
わにはかせ

難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花
なにわづに さくやこのはな ふゆごもり いまをはるべと さくやこのはな

意訳
難波津に咲いた花。「春が来たよ」と、咲いたよ、花が。
歌の種類
決まり字

語呂合わせ
 –

肖像画について

この画像は、国立国会図書館ウェブサイトからいただいてきました。
競技かるたの世界では序歌として耳に馴染んだこの歌ですので、ぜひ、並べてご紹介したいと思っていました。
しかし、百人一首ではないので、札がありません。
札の欄を空にしておくのも淋しいと思っていたら、国立国会図書館のデジタルコレクションで見つけました。
『前賢故実』巻第1に「王仁」とありました。
ちゃんと、歌も書かれています。
「なにはづに さくやこのはな ふゆごもり いまははるべと さくやこのはな」
下の句の最初、競技かるたで耳にする「いまをはるべと」ではなく、「いまは」です。
『古今和歌集』の写本によっては、どちらもあるそうです。

読み上げ

 

スポンサーリンク

100 順徳院 ももしきや 001 天智天皇 秋の田の
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.