やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

033 紀友則 久方の

紀友則紀友則
きのとものり

久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しずごころなく はなのちるらん

意訳
日の光がのどかに射す春の日。なのに、なぜあわただしくも、桜の花は散ってゆくのか。
歌の種類
春 『古今和歌集 春歌下84』
決まり字
ひさかたの ひかりのどけき はるのひに
しずごころなく はなのちるらん
語呂合わせ
 久方の静(ひさかたの しづ)

人物

紀友則(845年?-907年)
紀貫之のいとこ。
三十六歌仙の一人。

読み上げ

スポンサーリンク

032 春道列樹 山川に 034 藤原興風 誰をかも
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.