やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

035 紀貫之 人はいさ

紀貫之紀貫之
きのつらゆき

人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににおいける

意訳
あなたのわたしへの気持ちが、変わったのかどうかはわかりませんが、ふるさとの梅の花は以前と同じ香りで、わたしを迎えてくれますね。
歌の種類
春 『古今和歌集 春歌上42』
決まり字
ひとはいさ こころもしらず ふるさとは
はなぞむかしの かににおいける
語呂合わせ
 人は花ぞ(ひとは はなぞ)

人物

紀貫之(872年?-945年?)
いとこに紀友則がいる。 『土佐日記』の作者
三十六歌仙の一人。

お見限りね

『古今和歌集』詞書にこうあります。

初瀬に詣でるごとに、宿にしていた人の家に、久しく宿らずにいて、間を開けて行くと、その家の主が「このように宿はあるのに」と、言ったので、そこに立っていた梅の花の枝を折って詠んだ」

久しぶりに会う人に、心変わりを疑われて詠った歌です。
人の性別は書いていませんが、ただの宿屋の主人ではないと推測されます。
ちょっと意味深ですもの。

読み上げ

スポンサーリンク

034 藤原興風 誰をかも 036 清原深養父 夏の夜は
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.