やる気スイッチが入るアプリ作りを目指して、日夜励んでおります。

036 清原深養父 夏の夜は

清原深養父清原深養父
きよはらのふかやぶ

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ
なつのよは まだよいながら あけぬるを くものいづこに つきやどるらん

意訳
夏の夜は短くて、もう明けてしまったよ。沈む間もなかったはずの月は、一体どこの雲にとどまっているのだろう?
歌の種類
夏 『古今集 夏歌166』
決まり字
なつのよは まだよいながら あけぬるを
くものいづこに つきやどるらん
語呂合わせ
 懐くもの(なつ くもの)

人物

清原深養父(生没年未詳)
清原元輔の祖父または父。
清少納言の曽祖父または祖父。
藤原兼輔紀貫之凡河内躬恒などの歌人と交流があった。
琴の名手。

読み上げ

スポンサーリンク

035 紀貫之 人はいさ 037 文屋朝康 白露に
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

百人一首 初めてかるた

PAGETOP
Copyright © PolygonDrill All Rights Reserved.